体操教室の様子を紹介します。 

戸塚体操教室

 体操教室が始まるきっかけは、保育目標のしなやかな身体を持った子を育てる為、 月1回、体操教室の中で指導を受け、年齢に合った遊具で発達を援助し、発達に応じた運動を行うことになりました。 実際に指導が始まってから、以前より「聞く姿勢」や諦めないで頑張ろうとする姿も見られます。

今月の体操

 
今月の体操教室の紹介をします。
 今回の紹介は、「長縄跳び」の様子を紹介します。年少の子どもにとっては、なかなか難しい様子も
ありますが、少しずつ出来る様になる姿も見られています。
 できなくても楽しく挑戦するする姿がたくさん見られました。



エール
まだまだタイミングよく跳ぶのは難しいですね。<年少>


エール
    枠を出ないで跳び、縄が下を越えていくという感覚が、年少の子にとっては難しかったりします。<年少>


エール
    年中の子どもたちは、だいぶんタイミングが掴める子も増えてきます。<年中>


エール
    跳び過ぎる子も…。少しずつ力の加減を覚えていきます。<年中>


エール
リズムよく跳べる子も増えてきました。<年長>


エール
    縄が回っている中、走り抜けます。急いで走りますが、すぐに目をつぶってしまうと…。<年長>